C班


メンバー


・松本宙也
・嶋田匠
・木下晃輔
・高橋純
・中村友也

主な研究テーマ


・エッジコンピューティング
・タスクオフローディング
・車車間通信(VANET)
・M2M
・ICN

概要


 エッジコンピューティングの分野の車車間通信およびタスクオフローディングを用いた研究を行っています.

具体的な研究テーマ


・エッジコンピューティングにおける車車間通信を用いた研究

自車では処理に時間がかかってしまうタスクを,自車以外に譲渡して処理をしてもらい,処理結果を返却することで処理時間を短縮するタスクオフローディングが利用されています.(図1) しかし,車は高速に移動するため,通信時間が短いという問題があります. そのためタスクを譲渡したが通信が切断され,タスク結果が返却できない可能性があります. これを解決するため,長時間通信できる車を譲渡先として選択するアルゴリズムを検討しています.
 <キーワード>M2M,エッジコンピューティング,タスクオフローディング

image/2019/Overview_of_Edge_Computing_Behavior.png
 図1 エッジコンピューティングの動作概要

・ICNにおける多様な要求に適応するキャッシュ制御方式

 コンテンツ配信に特化したネットワークとして,情報指向型ネットワーク(ICN:Information-Centric Networking)が注目されています. ICNは,中継ノードが保持するキャッシュ機能を活用することで,コンテンツサーバと同様にコンテンツを保持することができます.(図1) コンテンツを保持するキャッシュ容量は有限であるため,すべてのコンテンツをキャッシュすることは不可能となっています. また,コンテンツの要求パターンは一様ではなく,多様なコンテンツの要求パターンが想定されます.
 昼間および夜間の時間帯のネットワークに流通するトラヒックに注目して,多様なコンテンツの要求パターンを推測し,昼間および夜間のコンテンツの要求パターンに適応したキャッシュ制御方式の研究をしています.
 <キーワード>情報指向型ネットワーク,キャッシュ判断法,キャッシュ置換法

image/2019/Information-Centric_Networking.png
図1 ICNの動作