B班


メンバー


・小池将史
・望月寛大
・井上勇気
・坪井祐人
・木村圭吾

主な研究テーマ


・ブランディング事業(DTN, 車車間通信)
・ICN型センサネットワーク
・ICN/CCN セキュリティ

概要


 情報通信ネットワークにおいて,特に情報指向型ネットワーク(ICN: Information-Centric Networking)や,複数のセンサ付端末から構成されるセンサネットワークを用いた研究を行っています..

具体的な研究テーマ


・情報指向型ネットワークとセンサネットワーク

 情報指向型ネットワーク (ICN: Information-Centric Networking)とは,新世代ネットワークとして提案されているネットワークの1つです(図1).ICNはデータを取得することを目的としたネットワークであり,データに付けられたIDを用いて通信を行い,ネットワーク上のどこかからデータを取得します.また,ICNではデータ取得を効率化するために,端末がデータをキャッシュする機能を持ち,データを共有することができます.
 また,我々は図2のように複数種類のセンサとM2Mサービスがセンサデータを共有するM2MセンサネットワークへICNを適用させる検討を行っています.
 我々は研究テーマとして,ICNの特徴である,キャッシュやルーティングに関する方式や,データIDの命名規則の提案などを扱っています.  <キーワード>情報指向型ネットワーク,無線センサネットワーク,ルーティング,キャッシュ,命名規則 Information-Centric Networking, Wireless Sensor Network, Routing, Cache, Data-ID

image/2017/Information-Centric_Networking.png image/2017/WirelessSensorNetwork.png

図1 情報指向型ネットワーク                             図2 センサネットワーク