減災班


メンバー


・田島氷河
・鈴木洋勇
・磯貝吉春

主な研究テーマ


・減災
・DTN

概要


 情報通信ネットワークの分野において,特に私立大学ブランディング事業の一環として大規模都市災害時に災害関連情報を配信する研究やDTN(Delay, Disruption, Disconnection Tolerant Network)に関する研究をしています.

具体的な研究テーマ


・D-ZEVとD-ZEV mini

 大規模な都市災害時において,災害対策本部は,避難所や一時滞在施設と連携を取ることで被災者に対して災害関連情報の収集,配信,電力供給,応急救護および避難の受け入れなどを行います. しかし,基地局,発電所および医療施設の損壊や停電により,これらが困難になる可能性があります. そこで,被災者に対して災害関連情報の収集,配信,電力供給および応急救護を行うD-ZEVとD-ZEV miniが提案されており,本研究室では,通信システムを開発し,実運用へ向けた研究を行っています(図1).  本研究では,私立大学研究ブランディング事業の一環として,D-ZEVとD-ZEV miniに車載する通信システムの開発を行い,被災者に対して災害関連情報を配信するアプリケーションを作成しています.    <キーワード>ブランディング,ユーザインタフェース,情報配信

私立大学研究ブランディング事業の詳細に関しては,下記のリンクから確認することができます.
https://www.kogakuin.ac.jp/bousai/

image/2019/agroup.jpg
図1 D-Zeb/D-Zeb mini動作概要

・データの重要度に着目したDTNにおけるデータ送信制御方式

大規模災害によって既存の通信インフラが使用できない状況において,スマートフォンのみで通信が行えるDTN(Delay, Disruption, Disconnection Tolerant Network)が注目されています. DTNとは,災害時のような通信基盤が機能していない劣悪な通信環境でも信頼性の高い通信を実現する技術です. DTNルーティング方式は,複製メッセージを蓄積し通信可能になった場合の送信する蓄積運搬刑転送(SCF:Store Carry Forwawd)に基づきます. ここで,DTNの代表的なルーティングつまり,SCFの代表的なものに感染型中継転送方式(Epidemic Routing)があります.
 Epidemic Routingとは,送信元のノードがメッセージを作成し送信可能になった全てのノードにメッセージを転送するルーティングです(図1). しかし,データには重要度(図2)が存在しており,Epidemic Routingにおいてはルーティングにおいてそのデータ自身の重要度が未考慮です. 重要度の低いデータが多く生成される場合,所持していないデータ数が増加し,データ要求が頻繁に発生してしまいます. これにより,バッファ溢れが発生し重要度の高いデータ(図2)のデータ伝搬率(データの広まり具合の割合)が低下するため Epidemic Routingにおいては重要度の低いデータ(図2)によって,重要度の高いデータ(図2)が広まらない可能性が出てきます.
 そこで,重要度の低いデータ(図2)の送信を抑制し,重要度の高いデータ(図2)のデータ伝搬率を向上させることで課題を解決することを目的とする.
 <キーワード>DTN,Epidemic Routing,データ伝搬率

image/2020/DTN.png
図1 Epidemic Routing
image/2020/detayo.png
 図2 データの重要度